プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

青葉のホールスタッフ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年12月 | メイン | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月31日 (月)

一月も・・・

あっという間に終わりですね。

ついこの間年が明けたばかりだと思っていたら、早いもんです。

今日の仙台は一段と寒く、最低気温が-5℃だったとか。

日陰はまだアイスバンのままですから、皆さまお足元には十分ご注意くださいませ。

滑って骨折なんてした日にゃ、大変なことです!!

2011年1月30日 (日)

酒粕漬け

酒粕を使った酒の肴に何かないかなぁ・・・とネットで調べてお手軽に出来そうで気になったのが「クリームチーズの酒粕漬け」

酒粕はかすといわれながら実はビタミンB群やアミノ酸を豊富に含んだ栄養の宝庫で、さらに悪玉コレステロールの値を下げる効果や便秘の人にはうれしい効果をもたらすということで注目upされています。

そんな効果も期待しつつ、試してみました。
酒粕だけというのもなんなので、味噌漬け、酒粕+味噌漬けの3種類作ってみました。
作り方は一番手間のかからなさそうなレシピを参考に密封容器の底一面に酒粕を塗りその上にリードペーパーを。リードペーパーの上にクリームチーズをのせてその上にもリードペーパー。その上に酒粕をまんべんなく塗りつけて蓋をして冷蔵庫に。
2日置いて開けてみると・・・しっかり酒粕やら味噌やらの香りがついてます。
今回クリームチーズとカマンベールチーズで試してみたんですが、リードペーパーがカマンベールチーズの切り口にくっついてsweat01
ガーゼやさらしを使った方がよかったようですsweat02

酒の肴ができたらお酒がないと!
たまたま冷蔵庫に岩手の千両男山がbottle
肴に合わせていただきます。
酒粕漬けいいですねぇnotes
チーズに酒粕の風味がついてなんとも旨しsmile
酒粕+味噌漬けはもっといい感じ。ほのかな味噌の味わいがお酒をすすめてくれますhappy02
味噌漬けが・・・まんま味噌だけに漬けたのでしょっぱくて食べれたもんじゃないという結果にng

お手軽にできる酒の肴、チーズが苦手な方でも意外といけるかもnotes(ちなみにわたしはチーズが苦手です)


残った酒粕は「酒粕風呂」に!
体が温まっていいですよ。

2011年1月29日 (土)

MKB45

AKBではございません、MKB45ですsign01

宮寒梅の新酒、純米吟醸美山錦45%
もちろん生酒です。

しかも袋吊し(袋搾り)sign03


手間がかかっています。

味わいは、フルーティーな中にもお米の旨みがしっかり感じられきれいな酸が口の中をスッキリひきしめてくれる、酸・旨み・香りのバランスがとても素晴らしい、まさに【一杯で旨い酒】です。
なぁんて、それっぽいコメントを書きましたが、某酒屋さんの受け売りです(苦笑)
美味しいのは飲んだお客様が一番お分かりですね、一日で完売しましたnotes
ということで、今日もしっかり入れさせていただきましたので、興味ある方はご賞味くださいnotes


ちなみに袋吊しとは、酒袋にもろみを入れて容器の上に吊るし自然にしたたり落ちる雫を酒瓶に詰めたものをいいます。

2011年1月27日 (木)

ことし二度目の

蔵見学に行ってまいりました。

今回は伝統と革新の蔵、塩釜の佐浦酒造にお邪魔いたしました。

まずは営業の中村さんに温かくお出迎えいただき、今日の流れを説明していただきました。
ちなみに今回の主旨は、青葉・おはな共に新人さんが仲間入りしたということで、お酒造りの入門編:現場で目で見て肌で感じてもらおうというもの。
そして、今回の案内役はなんと、平野名誉杜氏sign01
さらに横山研究室長の解説もあったりで、なんと贅沢なnotes

では蔵の中を見学しましょうかと足を踏み入れると、ナイスなタイミングに(蔵としては迷惑だったかも・・・苦笑)大吟醸を仕込んでいるところに遭遇up

丁寧な手作業での洗米、竹ざるに入った40%まで磨かれたお米を時間を計りながらテンポ良く洗っています。
米をたくさん磨いた分、吸水率が速くなるために浸漬の時間も重要ポイントです。


こちらでは蒸しあがったお米を放冷しているところ。


次は麹室へ。中は栗のようないい香りが。

蒸した米に種麹をふりかけて30時間たったものが上の写真です。
麹を食べるとほのかに甘みが感じられました。


お次は酒母のタンク、もろみのタンクコーナーshine
これを見るとテンションが上がるのはup私だけでしょうか??
ほら、美味しいお酒になるために呼吸してますよsign03

という感じで蔵内の見学をして、お楽しみの利き酒をbottle
浦霞禅、大吟醸、しぼりたて、萩の白露の4銘柄をいただきました。
個人的にはしぼりたての濃さが好みですが、みんなはどうだったんでしょうか。

まだまだ入門編ですが、なんとなく酒造りの工程が分かったんじゃないかなぁと思います。

酒造りの時期でお忙しい中、時間を造って下さった佐浦酒造の皆さまには感謝感謝です。
この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
純米のしぼりたても楽しみにしてますsign03


さぁ、第一歩を踏み出したということで、これからもっと勉強しようね、青葉のスタッフNさん!!
あっ、わたしもかsweat01


2011年1月17日 (月)

青葉のスタッフへ

また降りましたねsnow
何も考えなければ、冬らしくていいですよね、雪mistsnowmist

さて、珍しく二日続けて外でお酒を飲む機会がありました。
昨夜は友人との新年会という事で駅前の某焼き鳥屋さんでおいしい焼鳥とうまい日本酒をいただきながら楽しい時間を過ごすことができました。

で、今回話したいのはその前日、土曜日の仕事帰りにおじゃました居酒屋さんで感じたことです。
「縁日を思わせるような活気のあるお店」というのが過去にお邪魔した時の印象ですが、早い時間帯とは違って店内は落ち着いていました。
まずは熱燗とお腹がすいていたのですぐに料理注文したのですが・・・いつまでたっても飲み物が出てこない。
そのうち注文した料理が出来上がって次々とカウンターに用意されています。
熱燗だから時間がかかるのかなぁと思いつつも10分もかかるのはおかしいんじゃない!?と少しイライラしはじめた頃に店長さんが気付き、アルバイトの女の子が私たちのテーブルに来て言った言葉が「飲み物のご注文はお決まりですか?」
あらあら、オーダーが通ってなかったのね・・・。
席に着いてすぐに〇〇〇と△△△を注文ましたよと伝えるとそこから準備が始まるのですが出てくるまでにさらに10分。その間にあとから来たお客様の飲み物が先に出てみたり、カウンターの上には注文した料理が7割出揃ったりと何だかあまりいい気はしないなぁと思いながら待っていました。
やっと飲み物が席に届き、運んできた女の子が申し訳なさそうに「お待たせいたしました」とは言ってくれたものの、オーダーを通し忘れたアルバイトさんや店長からは何もなし。ドリンクが出たあとは待っていましたとばかりにカウンターに上がっていた料理が次々とテーブルに運ばれてきました。
出来たては湯気が出ているのが遠目にも見えた卵焼きは冷めていて、それがそのまま運ばれてきたのにはさすがにガッカリしました。
そしてお酒。メニューには一合の価格が書かれています。
出てきた熱燗は2合でした。
それに関しては燗の場合は2合からってことなのかなぁと勝手に解釈し特に何も疑問には思わなかったのですが、次に冷酒を注文したら・・・2合とっくりでテーブルに置いていかれて「???」
以前利用した時はもっきりで出てきたなぁ。2合注文した覚えもないんですけど・・・。
なぁんてことを思いつつ、なんか面倒だったのでそのままいただきました。
会計時にレシートを見ると熱燗2合×1、冷酒2合×1。
結局はいただきましたが頼んだつもりもない数のオーダーがしっかりと打ちこまれていたという。

何を言いたかったのかというと、別に行ったお店の悪口が言いたいのではなく、うちのお店でも起こりうる事なんだと知ってほしいんです。
人は自分で経験をしない限り頭では分かっても心で感じる事はできません。
今回はわたしが感じたことを通して、少しでも心に感じてもらいたいと思ったからここに書いてみました。
注文した飲み物がいつまでたっても出てこない時のお客様の気持ちはどうなのか?
温かい料理が冷めたい状態で出てきた時のお客様の気持ちはどうなのか?
メニューを見て「一つください」と注文したものが形は一つであるが金額的には二つ分だった時のお客様の気持ちはどうなのか?

感じ方は人それぞれとは言え気分良く感じる人はいないでしょう。

私たちの仕事は「お客様に喜んでもらう事」です。

そのためには何をすればいいか!?

特別な演出やサプライズなんていうのはいらないので、まずは当たり前のことを当たり前に!
たとえば、
温かいものは温かい状態で!
冷たいものはつめたいうちに!
そのためにどうするべきかは難しくないはずです。

ひとりひとりが誠意のある仕事をしましょう!!

くどくなっちゃいましたsweat01sweat01

2011年1月11日 (火)

べっぴん

おいしい日本酒が入荷しました。

静岡の初亀醸造から「初亀 純米吟醸 べっぴん辛辛」

辛口といいながらも口当たりはとてもマイルド。
後口がスッキリで甘さを残さないところが辛辛の所以でしょうか。
食中酒としておすすめできるお酒です。
べっぴんというあたり、女性にもおすすめかなnotes

2011年1月 8日 (土)

うれしい幕開け

年が明けて一週間たちましたね。
皆さんお正月気分は抜けましたか?

今週は年始めとあって新年のご挨拶まわりに忙しかった方も多いようです。
当店はというと、常連様にたくさんお越しいただきましてうれしい新年の幕開けとなりました。
埼玉からわざわざお越し下さいましたkさんファミリー、いつも温かく応援下さるMさんご夫妻、当グループをいつも気にかけてくださるN社長、ランチも夜もご利用いただく常連の皆さま、新年早々ご来店いただきましてありがとうございました。

「また来たよ!」「ありがとう」「また来るよ」というお客様の笑顔がわたしたちの喜びであり活力になりますsign01
この仕事の醍醐味ですねnotes
だからやめられないっていう人もいるとかいないとかhappy01

今年もうれし声をいっぱい聞けるようにガンバリマスscissors

2011年1月 4日 (火)

本日より

2011年の営業が始まります。

新年の顔合わせ、かる~く一杯行く?なぁんていうちょい呑み、もちろん
しっかり呑みたい方もぜひおいでくださいませ。

旨い肴とお酒を用意してお待ちしておりますbottle

仙台駅から徒歩8分、交通の便もいいですよ~notes

2011年1月 1日 (土)

2011年

新年明けましておめでとうございます。

2011年はじまりましたねぇ。
皆さんはどんな年越しをしましたか??

わたくしは・・・おいしいお酒をいただきながらの年越しでした。

そして今夜も・・・bottle

何年か振りでお正月気分を味わっています。

さて、街道青葉の2011年は4日からの営業でございます。
今年も皆様にたのしい時間を過ごしていただけるよう、従業員一同
頑張りますのでよろしくおねがいいたします。

街道 青葉 のサービス一覧

街道 青葉