プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

青葉のホールスタッフ

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年2月 | メイン | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

踏切

わたしの部屋のすぐ脇に線路があります。

地震直後から24時間くらいは踏切の遮断機が下りたままカーンカーンと警報音が真っ暗な中響いていました。


その後は遮断機もあがりただただひっそりとその場所に佇む踏切。

静かにひっそりと佇んでいるだけ・・・。

その踏切が元気よくカーンカーンと鳴っています!!

昨日の朝の出来事です。

止められると煩わしい朝の踏み切り、

しかし3週間ぶりとなれば懐かしくもある。



電車の行先には「試運転」の文字が。


少しずつ進んでる、そう思えた瞬間。


そして今朝もまんまと踏切につかまりました。

電車には乗客がhappy01

うれしい光景でもあり、やっぱり朝の踏み切りはわずらわしいと心から感じたのでしたcoldsweats01


若山牧水

先日カウンターにいらっしゃったお客様から教えていただいた句


「人の世にたのしみ多し然れども 酒なしにしてなにのたのしみ」


若山牧水の酒賛歌。

不謹慎だ!と言われるかもしれませんが、いまの状況に合う詩ではないかしら・・・。

酔っぱらうくらい飲みましょうというのではなく、ほんの一口、いや、一滴の酒でホッと安らぐ気持ちが生まれることもあります。

実際、阪神大震災の救援物資にこっそりウィスキーのミニボトルを忍ばせた人がいて、それが現地ではものすごく喜ばれたsign01という話もありました。(大阪の記者さんから聞いた実話)

お酒には人をリラックスさせる効果があるんですね~clover


いま東北地方の方々は避難している人、救援に回っている人、復興作業をしている人、いつも通り会社に行っている人、家でテレビを観ている人、買い物に出ている人、全ての人が大小あれども緊張と不安をかかえていることでしょう。

ホッと一息つきましょう!

温まりにきてください!

安らぎにきてください!


少しでも心の癒しの場になれればいいと、

少しでも元気になってもらえればいいと、

今日も笑顔で皆様をお待ちしておりますhappy02

2011年3月29日 (火)

街道青葉のおばんざい

現在おなじクリスロード内にある姉妹店の「仙臺居酒屋おはな」は震災の影響でお休み中です。

お休み中なのでちょっと暗い写真でhappy01

おはなスタッフは元気に青葉でお仕事していますdownwardleft


おはなのお客様ならお分かりのはず、そう、八木橋料理長です。

23日のお酒の会で料理長のスピーチを楽しみにしていたお客さま、
ゴメンナサイsweat01

次の機会にパワーアップしてお披露目しますwink


ちなみに写真は夕方に店頭で販売するお惣菜の盛り付け中。

本日のおばんざい「サワラの甘酢野菜あんかけ」500円也。


10パック用意したものが30分で完売。

ん?  30分って早いの? 遅いの??

この他にも「厚焼き玉子」や「ポークのトマト煮」「豚角煮」など
今日は6品のおばんざいを用意しました。


明日は何をつくろうかなぁ~notes


16時から店頭にて販売予定、「街道青葉のおばんざい」

乞うご期待sign03

大打撃

ふと気が付けば3月も今日をふくめ残り3日です。


本来ならば歓送迎会シーズンということで

飲食店は忘年会シーズンと並ぶ繁忙期。


当店でもいろいろなドラマが繰り広げられていたであろうはず・・・。

まさかの3.11 14:46

大打撃ですwobbly

でも落ち込んでばかりはいられません!!

 
転んでもただでは起きないぞgood


ただただ前進あるのみsign01です。

2011年3月28日 (月)

地震列島

けさも揺れましたね・・・。

震度5弱。


よく「余震が続きます」「先ほど余震がありました」などとテレビやラジオで言いますが、震度5くらい揺れたら立派な地震ですよねwobbly


地震列島、日本。

地球が怒ってるのかなぁ。


大気汚染、自然破壊、廃油や原油の流出、核兵器

地球温暖化だってそう、きっと地球がつらくてつらくて悲鳴をあげてたんじゃなかろうか。 

夏の異常なくらいの猛暑、季節外れの魚がやってきたり、地球は常にわたしたちに訴えかけていたんじゃなかろうか。


訴えかけても届かない想いにいら立ち怒った結果が今回の東日本大震災と呼ばれる広範囲にわたる大災害に・・・。


わたしたちはより深く考えなければならない時が来たように感じます。
自分の事、家族の事、周りの人たちの事、日本の事、地球の事。


なんか、まとまらない文章になりましたが、自然には勝てません。

余震・地震は人の手によって止める事なんてできないので静かに収まるのを待つだけです。

わたしたちにできる事は「出来る事から一つずつ!」

はじめていきましょうclover

2011年3月27日 (日)

震災のあと

今日は肌寒い一日でした。


あの震災から2週間がたちましたね。


3月11日の15:46分、わたしは出勤するために部屋をでたところでした。

突然の横揺れ、立っていられないくらい激しく長かった・・・。

数メートル先に仙石線の踏み切り、その上には新幹線の高架橋が。

目の前で高架橋に亀裂が入り崩れ落ちてくるがれきを「映画のようだと」冷静に見つめるだけでした。


そしてあの瞬間に止まったであろう新幹線。

数日後の帰り道に気付きました。

乗客はいたのだろうか、
どうやって脱出したのだろうか、

この新幹線はどんな思いでここにとどまっているのだろう・・・


この道を通るたびにそんな事を考えていました。
そして震災から一週間たったころ、補修工事がスタート。

工事をする人も警備にあたる人も朝早くから遅くまで寒い中を本当にお疲れ様です。


その甲斐あってか、新幹線が盛岡方面から仙台方面に100メートルくらいだけど動いてる!

昨日の帰り道、いつものように高架橋を見上げたら右45度くらい首を傾けて見ていたはずの新幹線が目の前にあるではないですか!!


なんか、疲れて帰ってきた体にうれしい衝撃sign01

少しずつ少しずつ前に進んでる・・・

そう思えた瞬間でしたdelicious

街道青葉の1階

本日10時より1階のDHCさんが営業を再開します。

お休みの間はお店の前をお借りしていました。

ありがとうございます。
今日からまた頑張りましょうsign03

2011年3月26日 (土)

土曜の夜

只今3月26日(土)の19時を回ったところです。

クリスロード商店街、ほとんど人が歩いていません。

日中は賑わいをみせた通りですが、夜になると・・・。

開いているお店も数えるくらい。


この状況がいつまで続くのでしょうかwobbly

うれしい話

震災後の最初の一週間、店頭でおにぎりやお弁当を販売しました。


春とはいえ、まだまだ肌寒いどころか寒い日が続いていました。


クリスロード商店街にはコーヒーを飲めるお店が何店舗かあります。

わたしも時々ホッと一息つきに寄ったりします。


が、あの地震の後、クリスロード商店街はドラッグストアの他にうちともう一店舗くらいしか開けている店がなく、シャッターの閉まったお店だらけ。


無性に温かいコーヒーが飲みたくなりました。


きっと街を歩く人も同じ気持ちの人がいるのではないか!?と思い、
おにぎり、お弁当を販売する横でホットコーヒーの販売をはじめましたcafe


ドリップ仕立てのコーヒーを一杯100円、紙コップに注いでちょっとした一言二言を添えて寄って下さったお客様とコミュニケーションをとらせていただきました。


ほんとにささいな会話、地震大丈夫でしたか? 今日はちょっと寒いですね。
昨日より少し暖かくなってよかったですね。 そんな日常の会話です。


先週末くらいからコーヒーを飲めるお店が開きはじめたのを見て、店頭でのコーヒー販売は終了しました。

そして、3日前。
お昼の営業時間にご来店されたお客様。
とてもニコニコして入っていらっしゃいました。
わたしも何となく見覚えがあり思いだそうとしていたら
「一週間くらい前に外でコーヒーを買いました。」と。
その時にかけてもらった一言がうれしくて友人が仙台に来るというのでここに来ました・・・って、とてもうれしいお話をしてくれたんです!!

ほんのささいな会話だったと思います。

たった一言だったかもしれません。

なのに、それが彼女には温かく、そしてうれしく感じた・・・。

そして今度はお店に足を運んでくださった。

その時のうれしかった想いを伝えてくれた。

この仕事をしていて良かったshine

そう思う瞬間です。

こういう瞬間があるからやめられないんでしょうねhappy01
 

 
このうれしい連鎖をどんどん増やしていって明るい未来につなげられるといいなぁnotes


 

2011年3月25日 (金)

仙台の復興のカギは飲食店にあり!

きのう某広告会社のTさんが発刊されたばかりの「まっぷる東北版」を届けてくれた時に言いました。

Tさんも会社の同僚から聞いたフレーズで、仙台市内で飲食店経営をされている方が力強く語っていた言葉ということでした。


まったくその通り、共感できます。


いま宮城県内には被災された方々、被災地の復興にかけ回る県内・外の皆さま、通常の生活をしている方も中にはいますが、多かれ少なかれこの東北大震災の影響を受けている人がたくさんいます。

慣れない避難所での生活や目が回る忙しさでこのままでは心も体もヘトヘトになってしまいます・・・。

そこでわれわれ飲食店に求められることは・・・

来て下さったお客様に「美味しい料理」「旨い酒」「心地よい空間」はもちろんのこと、「温かさ」「明るさ」「心遣い」「元気の良さ」「ホッと安心できる空気」「キップのよさ」
すなわちプラスの要素でポジティブな気持ちになってもらうこと!!

それがわたしたちにできることなのではないでしょうか。


人と飲食は切っても切れない関係です。
美味しい物を食べたとき人は笑顔になります。
笑顔の人の周りには笑顔の人が集まります。
笑顔は人を幸せにします。

みんなで笑顔になりましょうhappy02

街道 青葉 のサービス一覧

街道 青葉